事務所の罠にまんまとかかった話。

 ジャニオタになるきっかけとは人それぞれだ。タイミングも成り行きも人それぞれだ。わたしはランドセルを背負っている時から嵐が好きだ。相葉担の友達がわたしにあいばくんを勧めてきたのがきっかけでわたしも嵐が好きになった。

  

 そしてその日は突然きた。2015年2月19日、嵐のレギュラー番組であるVS嵐に対戦チームとしてジャニーズWESTがグループで参戦。ジャニーズWESTは2014年にデビューした関西出身の7人グループで、当時デビュー2年目だった彼らは3rdシングル「ズンドコパラダイス」の宣伝で出演。実はジャニーズWESTはデビュー前の2014年4月18日のMステで「誰も知らない」で出演した嵐と共演している。その時は、まったく興味を持たず、編集でもジャニーズWESTの部分は全部カットした。

 

 正直、ジャニーズの若手組は売れっ子嵐に対してオドオドしていてあまり自分からグイグイいかずトークでも嵐がいじって場を盛り上げているイメージが強かった。しかし、番組終了後のわたし…

このグループめちゃくちゃ面白いじゃねーか!!!!!!!!!

若さゆえにキラキラしてたし、THE☆関西人なボケとツッコミ、テンポの良さ、とにかくプレーよりトークを聞かせてくれ!!!!!!!!!!という感じだった。番組開始時は自己紹介聞いても、あ~なんか見たことあるな~ぐらいのメンバーが数人で名前は誰一人分からなかったが番組終了後には、赤が爽やかボーイ、オレンジがお喋りボーイ、黄色がおじさんボーイ、緑が奇抜ボーイ、青がE-gilrsのお兄ちゃんボーイ、紫が最高に面白ボーイ、ピンクがおませボーイという印象(当時のわたしのTwitterより引用)だった。その日に名前は覚えられなかったが色と顔は一致させていた。その中でもクッソかわいいと、ピンポイントで目を付けてしまった人がいる。それがジャニーズWESTの赤色、重岡大毅だ。もう、とにかくかわいかった。特別イケメンではないし特別目立っていたわけではないが、ずっとニコニコしてるし、ニコニコしてるし、ニコニコしていてとても好印象。今思えば完全によそ行きの重岡大毅なのだが。

 

 普段だったら1回観た録画番組はHDDから削除するのだがこの回のVS嵐は、また観たいという思いが強くいまだにHDDに残っている。それからGoogle先生の力を借りてメンバーの顔と名前を一致させ、動画を漁りまくり、重岡くんかわいい、の毎日。沼だ…。調べれば調べるほどはまっていく。Jr.時代の彼らのことや、デビュー時のことも目にすることがあったが闇が深そう(言い方)なので、自分から詳しく知ろうという気持ちにはならなかったし、今と未来の彼らだけを見ていたいという気持ちが強い。

 

 ジャニーズWESTはデビュー3年目。2016年は夏の嵐のワクワク学校ではジャニーズWESTが助手を務めたり、嵐のメンバーが主演のドラマにジャニーズWESTのメンバーが出演したりと、何かと関わりの多かった2グループ。そして、わたしが事務所の罠にまんまとかかって丸2年が経った。全員関東出身の嵐と、全員関西出身のジャニーズWEST。デビュー当時辞めたいメンバーばかりだった嵐と、デビューしたいという気持ちが誰よりも強かったジャニーズWEST。2グループともパブリックイメージではメンバー同士仲が良く雰囲気の良いグループであるが、ちょっと深い部分で比較してみると似ているようで正反対のグループである。嵐にあってジャニーズWESTにはないもの、ジャニーズWESTにあって嵐にはないものもある。今まで嵐だけを応援していた身としてはいい意味での比較対象ができてとても面白い。これから先も嵐とジャニーズWEST共に応援し、ジャニオタライフを楽しんでいきたい。

第67回 紅白歌合戦

あいばくんが2016年12月31日、第67回紅白歌合戦の白組司会者という大役を見事に成し遂げました。結果として優勝旗を持つことはできなかったけど、司会ぶりがどうこうではなく、あぁ…あいばくんって嵐のことが大好きだし、嵐ってあいばくんのことが大好きなんだなって改めて実感した4時間だった。


大トリで歌ってる途中に泣いちゃったあいばくん。なんで泣いてしまったのかは本人にしかわからないけど、それを見て笑うのが二宮くんだし、寄り添ってあげるのが智だし、じゅんと櫻井くんはごめん覚えてないけど!あぁ…嵐だなって思ったし、なんか嵐というものを見せつけられた。


中継で智が出てきたときのあいばくんの嬉しそうな声とか、SHOWTIMEでテンション可笑しくなってる二宮くんに呆れながらも嬉しそうなあいばくんの顔とか、じゅんと櫻井くんが隣にいて曲振りするときのあいばくんのかっこよさとか、V6との茶番で若干口悪くなってるあいばくんとか、微笑ましさしかなかったよね???



2016年12月31日、34歳になったばかりのあいばくん!かっこよすぎた!おつかれさま!

広告を非表示にする

#ジャニヲタのとある一日

面白いハッシュタグを見つけたので便乗。(だいぶ乗り遅れた感がある)

仕事が医療系ということもあって様々な出勤パターンがあるがその中でもわたしが1番好きな神パターンの1日をまとめてみる。


・24:00〜7:30 睡眠

寝る。とにかく寝る。ちなみに24:00というのは最低の時間であって疲れて22:00には意識を飛ばしているとい日も多々。携帯持ったまま寝落ちということも日常茶飯事のためベットに入ったらまずアラームの確認と充電コードの挿入だけは必ずしている。


・7:30〜8:30 朝準備

ZIP!をつけて洗顔・歯磨き・化粧。朝食は食べたり食べなかったり。ジャニタレの出演情報を網羅しているわけではないので待機の体制がとれず、洗顔中にジャニタレの名前が聞こえて化粧水つける前にテレビの前に走って行ったり、化粧中にジャニタレの名前が聞こえて手が止まったり、よくあること。見逃してもTwitterのレポ垢様々なので特にno problem。


・8:30〜8:45 出勤

わたしが他のジャニオタと違うのはここかもしれない。通勤時間がクソほど短い。まあ職場から近いから今の家選んだんだけど。ちなみに自転車通勤なのだけれど実際自転車漕いでるのは5分ぐらい。そこからタラタラと仕事着に着替えるので実際自分の科に行くのはこのぐらいかなと。通勤時間が短すぎるので音楽を聴くことも携帯をいじることもなく、まだわたしのジャニオタタイムはやってこない。


・9:00〜18:00 仕事

18:01にタイムカードを切ることだけを目標に働いている。仕事中はジャニーズのことは頭の片隅にもいない。とにかく必死に働いている。


・12:30〜13:30 お昼休憩

やっとわたしのジャニオタタイムがやってくる。基本、食堂で1人で食べているので定食を食べることに集中して食べ終わったらiPhoneをポケットから取り出し約12時間分のTwitterのTLを遡る。ツアー決定や新曲発売決定、映像化決定の発表がある日は大声で誰かと喜びを分かち合いたいがなんせ1人のため心の中で小さくガッツポーズ。たまに顔がニヤけてるかも。


・18:30〜19:30 退勤、お風呂

とにかく早く仕事着から着替えて、とにかく早く自転車漕いで、とにかく早く家に帰って、とにかく早く風呂に入る。お風呂はシャワー派。


・20:00〜24:00 スーパージャニオタタイム

もう自由!わたしのスーパージャニオタタイム!ご飯作りながらジャニオタするし、ご飯食べながらジャニオタするし、洗濯物干しながらもジャニオタする。レギュラーは録画すると観ない人間なのでなるべくリアタイするようにしている。観たいドラマの時間以外はLIVEみたり録画消化したりHDDの残量と戦ったり。次の日が休みだったら迷わずお酒飲も飲むし、次の日が仕事だったら22:30ぐらいからウアアァア明日も仕事か…と唸っている。



これがわたしの基本スタイル。仕事が休みの日は1日スーパージャニオタタイムの日もあるし、出かける日でも移動中はiPodでジャニオタしている。逆に、スーパージャニオタタイムが半分以下やゼロの日だってある。それでもなんとか次の日仕事には行けている。



ざっとまとめるとこんな感じ。わたしは今23歳で社会人1年目、1人暮らし1年目なのだが、大学生の頃に比べれば自由な時間は減っているし、自分でやらないといけないことは増えている。しかし、スーパージャニオタタイムは確実に増えている。やはりジャニオタにとって、「自由に使える時間」と「お金」は大切超ということを痛感している。でもこんなわたしでも結婚願望はあるので、いつまでこの生活が続くのかは自分が1番気になっているところ。

ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN 通常盤を購入

2014.11.14〜2014.12.23に5大ドームで行われたARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN。そのDVD/BDが2015.7.29に発売。初回盤の特典はメンバーが各会場ごとに担当を交代しながらカメラを回しメンバーを密着する、いわば嵐のホームビデオ「スッピンデジタリアン」。記憶が曖昧+調べるのが面倒くさい+オタクの間違っているとやたら批判してくる性質が大の苦手なので「スッピン」の類が何年ぶりかは置いといて久しぶりのホームビデオに(いつものことながら)購入は初回限定盤一択。通常盤はAsteriskとTRAPの定点カメラの映像を収録。………待て待て!!!!!!定点カメラ?しかもTRAP?TRAPといえばアルバムが手元に届いてとりあえず1回全部聴いてみよう!と流してみてビビッとキタ奴〜アルバムは数回聴かないとこの曲好きだって言えないわたしが1回聞いただけでビビッとキタ奴〜そして振り付けをしたのは智。さらにダンススクエアにもピックアップされるレヴェルの仕上がり。……買うしか!!!!!!しかし当時大学3年生だったぴす少女は金欠も金欠で、まったく同じ曲が収録されているDVDをもう1つ買う?という疑問と、社会人になったらお金あるんじゃないの?とまだ見ぬ未来の自分への期待により初回限定盤のみ購入。そして2年が経ち社会人となったわたしは毎月お給料をいただき更にありがたいことに7月にはボーナスをいただき少し余裕があったので通常盤を購入する決意をした。


定点カメラのいいところ

・コンサートで特等席に座っている気分が味わうことができるところ

・自担の全部をみることができるところ

・全体のフォーメーション、照明をみることができるところ

・それぞれのメンバーと比較したときのメンバーのダンスの特徴をみることができるところ

4つ目に関しては定点カメラでなくてもできるが、定点カメラではより「あいばくん手足長すぎて振りが大きくなり、ワンテンポ遅れている説」が明確。


TRAPはイメージ通りの衣装でみんな微妙に衣装が違ってもちろん個々にかっこいいが5人で並んでいるからこそ衣装のバランスもいいし余計にかっこよく、智独特の細かい振り付けで同じ振り付けで5人が踊っているのにそれぞれのクセが出ているし何より智のダンスがピカイチであり、じゅんのソロパートで前髪をいじるあいばくんや智のソロパートで汗を拭う櫻井が見ることができて◎


定点カメラの映像はこれからも積極的に取り入れていってほしいです、Jスト様(土下座)